• 海老名駅西口にある司法書士事務所です。海老名市、厚木市での会社登記・相続・不動産・成年後見は当事務所へ

 不動産登記は、司法書士の代表的な業務の1つです。

 その中で最も代表的なものとして、マイホームを購入した際の、土地・建物・マンションなどの名義を変更する所有権移転(保存)登記や住宅ローンの担保として抵当権を設定する登記があります。

 それ以外でも、住宅ローンを完済した、不動産を持っているが住所を変更した、不動産を贈与したいなど場合には、不動産の登記申請が必要となります。

住宅ローンを完済した

 住宅ローンを組んだ際に設定されている抵当権を抹消する登記が必要となります。
 借入していた金融機関から書類が届きましたら、お早めにご相談ください。

住所氏名が変わった

 不動産を所有している方が引越しや結婚などで住所や氏名が変わった場合には、住所(氏名)を変更する登記が必要となります。
 住所変更の登記をするためには、登記されている住所から現在の住所までの繋がりがわかる住民票などが必要となります。
 引越しを何回かされている場合では、以前の住所で住民票が取れなくなることがありますので、なるべくお早めにご相談ください。

不動産を贈与したい

 贈与する土地や建物の名義を変更するために、所有権を移転する登記が必要となります。
 ただし、贈与には、贈与税の問題がありますので、事前に税理士に相談していただくことをお勧めします。
 当事務所で税理士をご紹介することも可能ですので、まずはご相談ください。